診察のご案内

HOME > 診察のご案内

コンセプト

当院の分娩方針について

可能な限り自然分娩を目指しており、基本的には41週以前での分娩誘発は行っておりません。しかしながら、医学的適応がある場合、患者さんの希望がある場合には、説明および同意をいただいた後に、分娩誘発を行っております。分娩促進は、医学的適応があると思われる場合、患者さんと相談してから行っております。なお、骨盤位および前回帝王切開の患者さんは原則として帝王切開の方針をとらせて いただいております。 なお当院では無痛分娩、フリースタイルでの分娩は行っておりません。
(現在 双胎妊娠に関しては当院での分娩の取り扱いは行っておりません。原則としてNICUのある総合病院に紹介させていただいております。)

また分娩後 早期の母児接触は、十分に赤ちゃんの呼吸状態が確立したことを確認したうえで行っております。(安易なカンガルーケアは児に対し危険であることが厚生労働省の研究班より報告されています)

なお 分娩の経過はすべて、医師または助産師が診察(内診)を行って判断しております。全時間帯に助産師が勤務しておりますので、安心してお産していただけます。

GBS(B群溶連菌)が産道からの培養検査で検出された患者さんに対しては、産科診療ガイドラインに従って、入院時にペニシリン系の抗生物質の点滴投与を行わせていただいております。

☆立会い分娩について 立会い分娩を行っております。原則として御主人様に限らせていただいております。なお緊急時等お断りする場合があります。

☆里帰り分娩
当院にて里帰り分娩を希望される方は、診療時間内にお電話でご連絡ください。
分娩仮予約を入れさせていただきます。その後、遅くても妊娠35週頃を目安にご来院下さい。その際に、現在の主治医からの紹介状をお持ち下さい。里帰り後初めての受診は紹介状・検査データ等の確認や助産師と面談して頂いたりする為、大変お時間がかかることが予想されます。少しでも待ち時間を短縮する為にも里帰り後初めて当院に受診される時は、事前にお電話またはweb予約での予約を取ってから受診して頂きますようお願いします。なお、土曜日は大変混雑していますので、里帰りの妊婦さんの予約はお取り出来ませんのでご了承下さい。

診療科目

  • 婦人科一般
  • 婦人科がん検診(子宮頚がん、体がん)
  • 子宮頚がんワクチン接種(公費 及び 自費)
  • 更年期および思春期相談
  • STD(性感染症)の診断、治療
  • ピル(経口避妊薬)の処方
  • 不妊症(タイミング指導、排卵誘発、人工授精。体外受精)
  • 婦人科手術(子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮脱等の婦人科良性疾患手術)

  • 妊婦健診
  • 超音波診断
  • 帝王切開、流産手術
  • 産後2週間健診
  • 1ヶ月健診

 

当院では、産科超音波診断に特に力をいれています。赤ちゃんおよびお母さんの妊娠経過が順調であることを形態診断だけではなく、超音波ドプラ法という血流計測法を用いて診断しています。3D及び4D超音波による赤ちゃんの表情もお見せしております。

子宮頚がん検診 及び HPV-DNA検査について

近年、若年者の子宮頚がん及び子宮頚部異形成の増加が報告されており、厚生労働省も20歳 以上での子宮がん検診を勧めております。異常がなくても2年に一度の受診をお勧めします。なお現在、子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウィルス)の持続感染が原因とされています。当院では、子宮がん検診の結果HPV感染が疑われた方に対して、HPV DNA検査を行っております。 HPVワクチンの接種も行っておりますので ご希望の方は受付までご連絡ください。

不妊治療

当院では、安全性を第一に考慮した不妊治療を行っており、無理な排卵誘発は行っておりません。県北地域で初の体外受精を2014年1月より開始しています。今まで、遠くまで通院していた方も身近にご相談していだけるかと思います。
ARTルーム専用HP

妊婦健診に関しお知らせ

平成21年4月より妊婦健診の助成が大きく変更になりました。
母子手帳交付時に14回分の補助券が配布され、これを使用
することにより大幅に妊婦健診の自己負担が軽減されました。
なお当院では妊娠26-27週、36-37週に2度助産師外来を受けて
いただきます。この時は原則として医師の診察はありませんが
計測、児心音の確認、超音波による胎児の位置確認、乳房ケア
などを行います。必要に応じて医師の診察も行う場合があります。

ページトップへ戻る